ネガティブは悪いことではない


ネガティブな人、または周りにネガティブな方はいませんか?

今回の内容はネガティブな方に向けて書きます。少しでもネガティブ思考から脱却して欲しいと思い、その一助となれたら幸いです。

なお、「すべての悩みは対人関係の悩み」というアドラーの教えの下で展開させていただきます。

スポンサーリンク

ネガティブの弊害


ネガティブであることの弊害は大きく分けて2つあります

  • 何もできなくなる
  • 人が離れていく


何もできなくる

「こうなってしまったらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」「どうせ私なんか…」

ネガティブ思考な人は何かを考えるとき、自分にとって嫌な結論を毎回導きだしてしまいます。

そうなると「やってみようかな?」と思っていたコトに対しても、ネガティブに考えた結果「やらないほうが良い…」という結論になり結局何もやらない/できなくなるのです。

本人にとっては立派なリスク回避だと判断しているようですが、その思考を客観的に見たらやらないための言い訳です。

そして本人も実はただの逃避思考だということを理解してますが、どうにか「リスク回避のためだ」と思い込むようにしています。


人が離れていく

ネガティブな人に人は集まりません。

人は暗いことを聞いたり言われたりすると、自分までも暗い気持ちになります。

自ら暗い気持ちに沈んでいこうと思う人なんていません。いるとしたらよっぽど「可哀想な自分が好き」な人なのでしょう。

そのため、常にネガティブなことを発信している人に 人は近づこうとしません。

また、人が離れていく要因として、他人の意見を受け入れないという点があります。

ネガティブ思考な方に対して、誰かが勇気づけようとアドバイスを送っても、ネガティブな方は必ず「でも〜」と返事をします。

これは経験談なのですが、私はネガティブな方の被害妄想に対して「大丈夫だよ」という背中押しをしたことがあります。

毎回「でも〜」と返されても、何度も何度も違うアプローチで勇気づけようとしました。

しかし何を言っても「でも〜」と返ってくるので、とうとう私はアドバイスや勇気づけを行うのを辞めてしまいました。更にいうと少々の苛立ちまで覚えてしまいました。(苛立ちは私の未熟さゆえですが・・・。)

「ネガティブな人に人は集まらない」は上記の体験からも書いていますが、感覚的にも間違ってはないはずです。

ネガティブとポジティブは紙一重


ネガティブ思考によって結論付けられた内容に対し、その結論の先に適当なことを考えるようにするとポジティブ思考になれます!(びっくり!)

ネガティブ思考では「こうなってしまったらどうしよう、嫌だな」と考えます。

ここで思考が停止してしまうのがネガティブ思考なのですが、「こうなってしまったら嫌だ」⇒「そうなったらこうしよう」と、ネガティブではない適当な思考をプラスすることでポジティブ思考となるのです!

どんな内容でもよくて、その内容は必ずしも回避策になっていなくてもいいです。

具体的には「そうなったら寝ちゃおう」とか、「そうなったら甘いものでも食べよう」とか、このレベルで良いです。

大事なのは「ネガティブの状態で止まらないこと」です。

ちょっと先のことを考えるだけで良いのです。行動に起こさなくても良いです。

ネガティブなことを考えるたび毎回その次に「そうなったらこうしよう」を考えるようにすれば、それはもうネガティブ思考とは言えず、ポジティブ思考ですよね!

少しでも楽しい人生にするために


ネガティブな方は傷つきやすい方です。ネガティブ思考で更に自分を傷つけてしまいます。

ネガティブ思考の方には少しでもネガティブから脱却するような想像・妄想をして欲しいです。常にネガティブな方だけにではなく、万人に行ってほしいとも思っています。

少しでも前向きになればそれまで見えなかった新しい発見がどんどん出てきます。

その発見の中には自分が興味を持てる、楽しそうだと思えるものが必ず出てきます。それを1つだけでも見つけてしまえば活力が湧いてきますよね。想像するだけでワクワクしませんか?

スポンサーリンク


何事も最後は本人次第

イギリスには「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。」ということわざがあります。

これは「(打開策等の)モノを用意することはできるが、それを使うかどうかは本人次第」という意味です。

今回はネガティブな方に対し、少しでもネガティブな時間を過ごしてほしくないために書きました。

本当に小さな内容で良いので、まずは「こうなったら嫌だな」⇒「そうなったらこうしよう」と、嫌な内容にとどまらず、少しでも離れること意識してみてください


前に進むのではなく、その場から離れるのです。進むより離れるという意識のほうがよっぽど気楽ですよね。

さきほど書いたように、くだらないことで良いんです。「そうなったら美顔体操を始めちゃおうかな」くらいで良いのです。

こんなくだらないことでもネガティブになるたびに繰り返すようにしてください。必ず変わります。

ネガティブな自分を少しでも変えたいと思っている方にはぜひ試してほしいです。

スポンサーリンク

次の記事>>>行動を起こすべきだと再認識するために読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です