ニュースキュレーション_20171014

あつおver.2です!Twitter:@atuo_ver.2

情報収集により点を蓄積
「点と点が繋がり線になる」


私があらゆる分野のニュースを読み漁るのは上記を目的としてます。

良質なアウトプットをするためには膨大なインプットが不可欠であるため、多くの情報(点)を集めていき、いつか点と点が繋がり合うようにしています。

当ニュースカテゴリでは私がこの1週間に面白いと感じたニュースの
・備忘録
・アウトプットによる内容の把握
・読者への知識共有
を計っています。
キュレーションニュース一覧


スポンサーリンク

人はなぜ「人工知能に自我が芽生える」と思ってしまうのか


SF映画に出てくる設定でよくある、AI(人工知能)が自我を覚えたり、人間を滅ぼすという設定について、開発者の視点等を含めて解説しているコラム記事です。

コラム内ではドラッガーの定義するコミュニケーションの内容や、米国の哲学者ジョン・サール「中国語の部屋」という思考実験についても記載されており、大変面白い記事です。

「無人の山中で木が突然倒れたとき音はするか」との問いがある。今日われわれは、答えが「否」であることを知っている。音波は発生する。だが音を感じる者がいなければ、音はしない。音波は知覚されることによって音となる。ここにいう音波の知覚こそコミュニケーションである。(中略)

 コミュニケーションを成立させるのは受け手である。コミュニケーションの内容を発する者ではない。
(ドラッガー「マネジメント(中)」より)

コミュニケーションを成立させるのは受け手である、というのは、内容の受け取り方も受け手次第、ということでもありますよね。

相手が自分を傷つける意図はなかった内容に対し、仮に自分が傷ついたとしても相手からしたら知ったこっちゃない、と言えるわけです。

また最後には他人の「自我」を証明できるのか、という哲学的な話となります。

とにかく、AIに触れながら関連する内容へ展開している記事として大変面白かったです。

人生を変えるには、まず「自分を知ること」から。


マインドフルネス=瞑想です。

脳が瞑想に慣れてくると集中力、注意力が向上することが脳科学の分野でしっかりと認められています。

その他リラクゼーション効果、感情のコントロール力が強くなる、睡眠の質が向上する…等々、メリットがたくさんあります。

今はヨガにも必ずといっていいほど瞑想は取り入れられています。

大事なのは続けること。

当記事では、瞑想を行い自己認識能力を高め、感情をコントロールすることで「自分を知る」ことを目的としているようです。その判断は自分に都合よく解釈したのではないか等、自分に対する「気づき」を得ていくことで人生が変わるとのことです。

私が瞑想についてを知った書籍で面白かったもの2冊、以下に掲載します。

スポンサーリンク

楽天、米国バスケNBAを国内独占配信。週9試合視聴で月額972円、グッズ販売も


現在の4G回線からあと数年で5G回線になるのは確実だ。そうなるとWi-Fi環境でなくともスムーズな動画の視聴が可能になる。

そして人がスマホから離れることは当分考えられない。そうなると、どのキャリアで何を視聴できるのかがマーケティングとして大事になってくる。

各サッカーリーグの放映権を包括契約しているDAZNが、ドコモと手を組むことによりドコモのユーザー数は増え、DAZNも既存ドコモユーザーをDAZNに流すことに成功しユーザー数を伸ばした。

楽天はフリーテルを買収し、フリーテル回線のユーザー43万を獲得している。

NBAの配信による収益の上昇は短期では見込めないと予想するが、先にも書いたように5G回線になった時、またはその他ITの進化でスマホによる動画視聴が常識となったことを見据えた動きだと考えられる。

スポーツ放映がブームになっていることや、関連グッズの販売も可能にした部分が他の要因としても挙げられる。

「お金の無料相談」は最悪の選択肢である


また書籍の紹介になるが、Twitterに投稿した内容の通り、お金の知識がない人は以下の書籍がオススメです。

資産運用の知識や始め方が、図つきでわかりやすく記載されています。

ちなみに今回の記事は上記書籍の著者の続編の宣伝記事でもある。

私は買わない。

「0円の人が意外と少ない!」ZOZOTOWNの“送料自由化”が意外な結果になっていた


通常の送料よりも多く払った人が0.2%いたという・・・!

そしてその分を運送会社へ還元するかどうかは検討中とのこと。というのも、通常の送料以下の注文に対しては、ZOZOが自腹を切って運送会社へ支払っているからだ。

しかし、この送料自由化という話題が広告として大きな効果だったという。

広告の仕方も、単純に広告費を払って行うという時代ではなくなってきてますね。キングコング西野亮廣の『革命のファンファーレ』にも書いてありました。

関連記事 >>>革命のファンファーレとキングコング西野亮廣について

先週よりも取り上げた内容が少なくなってしまいましたが、個人的には深く勉強になる記事がいくつかありました。

読んでくださる皆様にとっても、私のコメントを含め為になればなぁと思います。

そのためにより勉強し、そしてわかりやすい文章にできるよう精進していきますので、よろしくお願いいたします!


ニュースキュレーション内の記載は個人的見解が満載であるため、「こういう見方・考え方もあるよ」といったコメントはTwitterでも当記事へのコメントでも大募集しています!

(Twitter:@atuo_ver.2


前回のニュースキュレーションはこちら>>>ニュースキュレーション_20171007
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です