ニュースキュレーション_20171104

あつおver.2です!Twitter:@atuo_ver.2

情報収集により点を蓄積
「点と点が繋がり線になる」


私があらゆる分野のニュースを読み漁るのは上記を目的としてます。

良質なアウトプットをするためには膨大なインプットが不可欠であるため、多くの情報(点)を集めていき、いつか点と点が繋がり合うようにしています。

当ニュースカテゴリでは私がこの1週間に面白いと感じたニュースの
・備忘録
・アウトプットによる内容の把握
・読者への知識共有
を計っています。
キュレーションニュース一覧


スポンサーリンク

スタートトゥデイPBの詳細発表、究極のフィット感を追求した”超ベーシックアイテム”展開


きましたね!ZOZOTOWNのPB(プライベートブランド)!

多くの方が色々な予想をしていますが、どう考えても「サイズ感」がキーになります。

服屋さんは S・M・Lといったサイズ表記をするが、どこもその会社での定義になっており、A屋でのMサイズはB屋でのSサイズなんてことがざらにある。

ZOZOTOWNはすべての商品を計りなおして、サイズをZOZOTOWN内部で統一しているそうです。そのためZOZOTOWNから服を買うリピーターがついてくるんですね。

そして今の時代は、一家に一台だった固定電話が一人一人へスマホ、黒と赤色しかなかったランドセルが様々なデザイン&カラーといった、個々に合わせていく時代になっています。

つまり、ZOZOTOWNも独自のサイズデータベースから、購入者各々のユーザーエクスペリエンスを最大にする商品を投下するのでしょうね。

スタートトゥディは宣伝もうまいし、リーチも海外へも広げるようだし。すごく面白い会社。

想像より2歩も3歩も進んでいる中国のサービス


自国の利益になるのであれば規制が少ない国。

また国民性からか、野心は確実に日本よりも高く、学歴という点でも日本よりも高い人が多い国。

中国内で売れるアプリが出ると、次々と模倣が出てくる。そしてトップだったアプリがふるい落とされると仕方なく国内ではなく国外にも対応したアプリへバージョンアップさせる。

すると、この記事では中東がメインとなっているが、中東で普及しているアプリのほとんどが中国企業のものとなる、そうだ。

やはりこのスピード感とがめつさの競争が中国を大国とする理由の一つでしょうね。調べだしたらキリがなさそう。

とりあえず、勉強できる部分はかなり多い。

スポンサーリンク

次にアマゾンが手中に収めるのは、金融街なのかもしれない ?? マッキンゼー報告


多くの方が記載している通り、簡単に手中に収められるでしょう。

多くのサービスが楽天やAmazon、アリババ(使ったことはないけど)といったプラットフォーム企業に集約されていくと思います。

そうなると、他の企業が生き残る道はさきほどのZOZOTOWNの記事でも書いた、顧客それぞれに徹底的にマッチしたサービスを提供していくしかないのでは?と思います。

そこもプラットフォーム企業が押さえてしまったら、ユーザーにとっては利便性が高くなるが、他の企業はニッチなことをしていかなくては生き残れませんね。

徹底的に考え抜かなきゃいけない面白い時代です。

マスメディアがネットに完敗した年を象徴する「衆院選」と「ゆうこす」


記事では、テレビを筆頭に、あれだけ各メディアが安部批判をし続けたにもかかわらず、自民党が議席を獲得したことをメインに取り上げている。

もうネット・SNSで偏向な内容を得ることがなくなったため、スマホを利用する人々は多くの情報を見て、テレビや新聞、週刊誌に洗脳されず各自で考えることができるようになったのだ。

ゆうこすの業績については、もうマスメディアやプロデューサーといったコンテンツサービスの支配者の時代が終わったことを意味している。

これからはネット・SNSのおかげで、個人でコンテンツを創造して発信し、それを仕事にできる時代になった。

ゆうこすに倣(なら)って個人で事業を始めようと思う人がどんどん増えるため競争が起きる。次はどれほどユーザーのためになるコンテンツであるか・差別化・クオリティが必須になる。

銭湯のある日常を再定義、高円寺小杉湯三代目が始めた「銭湯ぐらし」の意味


銭湯はイノベーションの宝庫だそうだ。

銭湯といえば、風呂上がりにコーヒー、たまにマッサージチェアを利用する。考えてみると、銭湯の建物内にいる時間は長い

じゃあその時間に何かを提供してみようと始まった試み。

ミュージシャンを呼んだり、アートを展開したり。銭湯をイベントの会場として利用するのだ。

すると、高くて1000円程度の銭湯、入っていこうと考えるのは当然だ。

想像するだけでウけるに違いないし、実際に成功している事例が当記事です。面白い!!

稲垣・草なぎ・香取「72時間ホンネテレビ」AbemaTV最高視聴数を更新


Twitterの投稿通り。

YouTubeでも、視聴者は動画の企画よりもユーチューバーを見ている

今回のabemaTVも、良質だと言われている番組が多くある中でこの企画が爆発したのは、YouTubeと同じで元スマップの3人を見たいからだ。

今後は各番組や企業のサービスも、何をやるかよりも、誰がやるかが重要になる

ついでに、つい昨日YouTubeでヒカキンさんが言っていたのですが、視聴者はユーチューバーの生きざまを見るようになってきているそうだ。

昨日の動画で紹介したぬいぐるみが、今日の動画に写っているソファーに置いてあるといったユーチューバーの生活を見るようになっているそうだ。

記事とは関係ないがヒカキンさんが喋っていた内容を続けると、昔のYouTubeは編集のクオリティが大事じゃなかったが、今はそういう時代ではなくなり、編集もキチンと行いクオリティの高い動画にしないとウけなくなったそうだ。

そのため毎日動画投稿をしていたヒカキンさんも、今年の夏終わりから週に2回は休んで少しでもクオリティの高い動画を投稿するようにしているそう。


今週は引っ越し作業があり、更新が平日になってしまいました。

読んでくださる皆様にとっても、定期的な更新にすることを心がけたいと思います。

今回は個人的に「これだ!」といった記事はありませんでしたが、やはり多くの学びがありますし、この情報収集&アウトプットのおかげで時代に取り残されることもないと思います。



ニュースキュレーション内の記載は個人的見解が満載であるため、「こういう見方・考え方もあるよ」といったコメントはTwitterでも当記事へのコメントでも大募集しています!

(Twitter:@atuo_ver.2


前回のニュースキュレーションはこちら>>>ニュースキュレーション_20171028

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です