ニュースキュレーション_20171230

あつおver.2です!Twitter:@atuo_ver.2

情報収集により知識を蓄積
「点と点が繋がり線になる」



良質なアウトプットをするためには膨大なインプットが必要です。

当記事では私がこの1週間に面白いと感じたニュースの
・備忘録
・アウトプットによる内容の把握
・読者への知識共有
を計っています。
キュレーションニュース一覧


スポンサーリンク

VRがビジネスで有効になる -2018年にビジネスパーソンが理解しないといけない消費者の変化―


これまでARが産業、VRがエンターテイメントと言われていたが、2018年からVRも産業(特にマーケティング)のメインとなることが予想されている。

上記の記事では360°動画に着眼している。

今までの映像を使った報道は、カメラで映し出したいものを切り出し、そこに焦点をあてて、撮影していた。例えば、年の瀬の買い物の映像では、あるお店に人が集まっていて、そこだけをカメラで撮影しても、見ている側は、映像に映っている商店街が全体に混んでいるように認識する。たとえ、焦点から外れた店に、お客さんがいなくても。

360°で観ることができれば、現場の状況をよりリアルに体験することができる。これも立派なバーチャルリアリティーだ。

産業ではYouTubeで「360° 工場見学」で検索すると多くの360°動画での工場見学が可能となっている。この動画により工場見学の集客に繋げることができるという。

もちろん工場だけでなく、あらゆる分野での集客に360°動画を活用することができる。

すでに360°動画用の機材は安いもので4万円台で発売されている。

私の予想では国内の人気ユーチューバーが360°動画を投稿し、それを起爆剤にして多くの企業が360°動画の作成&マーケティング、またそれに伴う商業を展開するはずだ。

スポンサーリンク

老舗旅館、週3日休館でも売り上げ倍 目をつけたのは…


週3日、休館。それでも、売り上げは倍、社員の平均年収も4割増

この記事はめちゃくちゃ面白かった!

割と有名な話だそうだが、私は今回初めて読んだ。

ITでむだを省きつつ、料理など旅館の売りを充実させ、宿泊費も徐々に上げた。システムを他の旅館に提供する事業も始めた。

 業績が上向く一方、浮上したのが働き方の問題だ。休みなしで働き、知子さんの体は限界だった。顧客満足度が上がっても、働く人の生活の質が上がらないと意味がない。14年、思い切って火、水曜日の宿泊をやめて休館に。「旅館が休むなんて」と苦情もあったが、16年から月曜日もランチのみで宿泊をやめた。

 それでも料理などの評判で、グループ全体の売り上げは10年の2億9千万円から、いまは7億2600万円に。パートを減らして人件費を下げつつ、改革前に20人だった正社員は25人に増やした。正社員の平均年収は288万円から398万円に。離職率は33%から4%に下がった。

「昔から存続している業態」ほどITを取り入れた時の効果は高いように思う。

宿泊させない火・水曜は撮影現場に使わせていたりと、その時代に合わせて柔軟に経営方法をシフトしている。

「働き方改革」を提唱する際の手本になる内容である。ぜひ読んでほしい。

2018年に役立つ、生産性に関する27のアドバイス


inc.から生産性を高めるためのアドバイスが掲載されています。

すべて取り入れようとは思わず、いくつか、または1つだけでも2018年から取り入れようと思います。

個人的にはパターン化する」「職能開発を怠らない」「マルチタスクを止めようの3つをまずは意識してみようと思います。

皆さんも何か変化を得たいと思った際に参考にしてみてはどうでしょうか。



以下に27のアドバイスのタイトルだけを羅列しておきます。

詳細については記事本文を開いて確認してみてください。


歴史的な大惨事レベル「人材不足」今年はこんなにヒドかった


この2年だけを見ても、2015年12月に247万人だった求人が、この11月には275万人に増えた。28万人も求人が増えたにもかかわらず、職を探している求職者は194万人から176万人と18万人減っている。
~(中略)~
倒産理由を見ると、「人手不足倒産」が54件あり、まだ件数としては少ないが前年同期は32件で、69%も増えている。単月で見てもジワジワと人手不足倒産が増えており、2018年はこれが大きな問題になりそうだ。
~(中略)~
2018年は必要な人材を確保できるかどうかが、企業の生殺与奪を握る、まさに「人材争奪」の年になるだろう。

当記事では2017年の、有効求人倍率、求職者の数、失業率、倒産件数が記載されている。数字を見るとどれほど企業が採用難なのかがわかってくる。

多様化が進んでいるため、特に若い人材は「この会社は自分に合わないな」と感じてしまったらすぐに転職を計るようになる。フリーランサーとしての働き方も浸透してきているため尚更だ。

例えば以前のニュース記事(ニュースキュレーション_20171223)で紹介した「HRBrain」のようなサービス等を導入していくことで、真っ当な企業であることを少しでも社員や対外にアピールしていくべきだと私は考える。



2017年の8月に当ブログを開設し、ニュース記事は今回で19本目になりました。

このテーマを続けてきて何か変化があったかと言われたら特に目立ったモノはないかもしれません。

しかしやはり世界のビジネス情勢をある程度把握・予想ができるようになってきてはいます。それが何の役に立つのかと問われたらぱっと発言できることはないのですけど。

ニュースキュレーションは好きでやっているためまったく苦ではありません。好きなことを続けることで何か手にできるモノが出てくるかもしれませんし、出てこないかもしれません。

とりあえず、これまで1つの記事でも読んでくださった方、ありがとうございます。2018年も継続していきますので、たまに覗いていただけたら幸甚です。


ニュースキュレーション内の記載は個人的見解が満載であるため、「こういう見方・考え方もあるよ」といったコメントはTwitterでも当記事へのコメントでも大募集しています!

(Twitter:@atuo_ver.2


前回のニュースキュレーションはこちら>>>ニュースキュレーション_20171223

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です